Google
 

武豊(競馬・騎手)

武 豊(たけ ゆたか、1969年3月15日 - )は日本中央競馬会(JRA)の騎手。栗東所属で、現在はフリー(どこの厩舎にも所属していない。過去には武田作十郎厩舎に所属)。血液型O型、滋賀県栗東市出身(生まれは京都府)。京都市在住。

現在JRAのトップ騎手であり、数々の記録を持ち「天才」と呼ばれることも多い。競馬一家の出で、父・邦彦は「名人」の異名で知られる元騎手で現在調教師。弟・幸四郎も騎手である。この他、祖父は故・武芳彦馬主協会元会長であり、父の従兄弟に武宏平調教師、父の叔父に故・武平三元調教師や父の従兄弟に武永祥調教助手、その子ども(はとこ)に武英智騎手がおり、更に、父の従姉妹の夫に作田誠二調教師、父の従兄弟に武勇前武牧場代表がいる。妻は元アイドルの佐野量子。出自は鹿児島の武家(薩摩藩士)であるという。曽祖父武彦七の兄は明治・大正にかけての実業家・代議士の園田実徳で、その娘婿は西郷寅太郎で、その父は西郷隆盛である。身長170cm。体重51kg。


【来歴】
金勝小学校、栗東中学校、競馬学校(3期生)を経て1987年にデビュー(同期生に蛯名正義)。同年にトウカイローマンで京都大賞典に勝利すると、以来毎年重賞を勝ち続けている。GIでは、1988年に菊花賞で優勝したのを皮切りに、20年連続で、つまりデビュー初年度を除く全ての年でGI競走を制覇している。デビュー以来「競馬の祭典」と言われる東京優駿(日本ダービー)に勝つことができず、競馬界の七不思議の一つと言われたが、10年目の1998年にスペシャルウィークで初勝利し、同時に史上2人目の八大競走完全制覇を達成。翌年(1999年)もアドマイヤベガで制し、史上初の連覇を達成した。2005年までにタニノギムレットとディープインパクトで勝利し、通算4勝は中央競馬最多である。現在、日本を含め5ヶ国でG1を勝利している。

デビューした1987年と1991年、並びにフランスへ長期海外遠征を行った2001年を除き毎年コンスタントに年間100勝以上のペースで勝ち続け、2003年から年間200勝を3年連続で記録。また、1987年のデビューから毎年中央競馬の重賞レースを制している。さらに、デビュー翌年から毎年G1を勝利している。

2002年2月24日の中山競馬第3競走で落馬し、骨盤を骨折して全治3〜6ヶ月といわれた重傷を負ったが、わずか2ヵ月後の4月20日に復帰。その回復力は関係者やファンを驚かせた。それから1ヶ月後の5月26日には、この年の東京優駿(日本ダービー)をタニノギムレットで制して史上初の東京優駿(日本ダービー)3勝目を飾っている。

2007年3月25日現在で、JRAGI競走通算58勝。50勝目はディープインパクトが無敗でクラシック三冠を達成した2005年の菊花賞である。他に、地方交流GI競走を13勝、海外GI競走を7勝(いずれも2007年4月1日現在)。未勝利の国内平地GIおよびJpnIはヴィクトリアマイル(2006年に新設)、マイルチャンピオンシップ、朝日杯フューチュリティステークス(以上JRA主催分)、かしわ記念(2005年より統一GIに昇格し現・統一JpnI、船橋競馬場で開催。なお、統一GIII時代の1997年にバトルラインで優勝)の4競走のみである。


【成績・記録年表】
■1987年、栗東・武田作十郎厩舎所属でデビュー(同期に蛯名正義、塩村克己ら)。加賀武見(現調教師)の持っていた新人記録の58勝を上回る69勝を挙げた。

■1988年、史上最速・最年少(19歳1ヶ月)でJRA通算100勝達成。菊花賞でスーパークリークに騎乗し初GI勝利にして史上最年少(19歳8ヶ月)でクラシック制覇。

■1989年、史上最速・最年少(19歳11ヶ月)でJRA通算200勝達成、史上最速・最年少(20歳8ヶ月)でJRA通算300勝達成。

■1990年、史上最速・最年少(21歳5ヶ月)でJRA通算400勝達成。

■1991年、史上最速・最年少(22歳4ヶ月)でJRA通算500勝達成。アメリカ・サラトガ競馬場のセネカハンディキャップ(G3)でEl Senor(エルセニョール)に騎乗し、初めての海外グレード競走(およびグループ競走)制覇。

■1992年、武田作十郎調教師の定年による厩舎解散に伴い、フリー転向。天皇賞(春)でメジロマックイーンに騎乗し、史上初の同一競走4連覇を達成。史上最速・最年少(23歳9ヶ月)でJRA通算600勝達成。

■1993年、史上最速・最年少(24歳1ヶ月)でJRA通算700勝達成。桜花賞(ベガ)・皐月賞(ナリタタイシン)・優駿牝馬(ベガ)と春のクラシックを3連覇。

■1994年、史上最速・最年少(24歳10ヶ月)でJRA通算800勝達成。フランス・ロンシャン競馬場のムーラン・ド・ロンシャン賞でスキーパラダイスに騎乗し、JRA所属の騎手としては初めての海外G1勝利。史上最速・最年少(25歳5ヶ月)でJRA通算900勝を朝日チャレンジカップ(騎乗馬ツルマルガール)で達成。

■1995年、史上最速・最年少(26歳4ヶ月)でJRA通算1000勝を父、武邦彦管理馬のエールノコイビトで達成。

■1996年、史上最速・最年少(27歳1ヶ月)でJRA通算1100勝達成。史上最速・最年少(27歳7ヶ月)でJRA通算1200勝達成。

■1997年、史上最速・最年少(28歳3ヶ月)でJRA通算1300勝達成。北九州記念でダンディコマンドに騎乗、史上最速・最年少(28歳4ヶ月)でJRA重賞通算100勝達成。函館3歳ステークスでアグネスワールドに騎乗、史上2人目の中央競馬全10場重賞制覇達成。

■1998年、史上最速・最年少(28歳10ヶ月)でJRA通算1400勝達成。東京優駿(日本ダービー)でスペシャルウィークに騎乗、東京優駿(日本ダービー)初制覇を果たすとともに保田隆芳以来30年ぶり史上2人目となる八大競走完全制覇達成。フランス・ドーヴィル競馬場のモーリス・ド・ゲスト賞でシーキングザパールに騎乗し、日本調教馬初の海外G1制覇に導く。史上最速・最年少(29歳5ヶ月)でJRA通算1500勝達成。

■1999年、史上最速・最年少(30歳1ヶ月)でJRA通算1600勝達成。東京優駿(日本ダービー)でアドマイヤベガに騎乗、史上初となる日本ダービー連覇達成。史上最速・最年少(30歳7ヶ月)でJRA通算1700勝達成。

■2000年、史上最速・最年少(31歳1ヶ月)でJRA通算1800勝達成。

■2001年、史上最速・最年少(32歳7ヶ月)でJRA通算1900勝達成。

■2002年、東京優駿(日本ダービー)でタニノギムレットに騎乗、史上初となる東京優駿(日本ダービー)3勝目。史上最速・最年少(33歳6ヶ月)でのJRA通算2000勝達成。12月7日、阪神競馬場にてJRA新記録、世界タイ・レコードとなる1日8勝を記録。

■2003年、エリザベス女王杯でアドマイヤグルーヴに騎乗、史上初となる同競走3連覇達成。年間通じて、JRA・地方における全GIに騎乗。史上最速・最年少(33歳11ヶ月)でJRA通算2100勝を達成。史上最速・最年少(34歳5ヶ月)でJRA通算2200勝を達成。JRA史上初の年間200勝達成(最終的には204勝)。

■2004年、史上最速・最年少(34歳10ヶ月)でJRA通算2300勝を達成。史上最速・最年少(35歳5ヶ月)でJRA通算2400勝を達成。12月8日海外通算100勝を達成。12月12日・中山競馬場にて自らが2003年に達成して以来史上2回目、かつ中央競馬史上初の2年連続で年間200勝を達成。2003年に自ら記録した204勝の年間最多勝利記録を更新する211勝で、一年を終えた。

■2005年、史上最速・最年少(35歳10ヶ月)で岡部幸雄以来中央競馬史上2人目となるJRA通算2500勝を達成。2月26日、アーリントンカップにビッグプラネットで優勝し、中央競馬史上初の重賞競走通算200勝を達成。3月27日、中京競馬場で行われた高松宮記念にアドマイヤマックスで勝利し、JRAのGI競走が行われた全ての競馬場でGI勝利。5月29日、東京優駿(日本ダービー)でディープインパクトに騎乗、史上初で自らの記録を更新する東京優駿(日本ダービー)4勝を達成。また同競走の勝利により、年間100勝最速記録を更新。JRA2600勝を史上最速・最年少(36歳4ヶ月)で達成。9月4日、小倉2歳ステークスをアルーリングボイスで優勝。史上初の同一年小倉開催平地重賞完全制覇達成。9月17日から9月24日にかけて、騎乗機会連続7連勝達成(24日第9競走)。また9月24日には、1日の騎乗機会6連勝のJRA新記録を達成。10月23日、ディープインパクトの三冠(史上2頭目の無敗三冠)達成で自身も初の同一馬による三冠ジョッキーとなると同時にGI通算の50勝も達成。11月26日、ジャパンカップダートにカネヒキリに騎乗して優勝。JRAのGI年間6勝の新記録達成。また前人未到の3年連続年間200勝。12月18日、阪神牝馬ステークスにアドマイヤグルーヴに騎乗して優勝し、年間重賞勝利23勝とし、自らの記録を上回る新記録を樹立。年間勝利数を212とし、2004年の自らの最多勝記録を更新。

■2006年、1月8日の京都競馬第9競走にてJRA2700勝を史上最速・最年少(36歳10ヶ月)で達成。7月23日の小倉競馬第12競走にてJRA2800勝を史上最速・最年少(37歳4ヶ月)で達成。

■2007年、4月21日の京都競馬第7競走にてJRA2900勝を史上最速・最年少(38歳1ヶ月)で達成。7月21日小倉競馬場で4勝の固め勝ちをし、岡部幸雄元騎手が持っていたJRA歴代最多勝記録2943勝を更新する2944勝目を14104回目の騎乗で挙げた。8月11日、アスコット競馬場で行われた世界4チーム・地域対抗「シャーガーカップ」に世界選抜チームの一員として出場し、アスコット競馬場で日本人騎手初優勝達成。連対率4割を残し、見事世界選抜を総合優勝に導いた。


【騎乗馬】
■スーパークリーク(菊花賞、天皇賞(春・秋))
初GI勝利馬。菊花賞では同馬は賞金の関係で除外になる可能性もあったが、武は同馬での騎乗にこだわったという。オグリキャップとはライバルに当たる馬だった。

■シャダイカグラ(桜花賞)
桜花賞では不利だとされる大外枠から出遅れて結果的に内を確保して勝利。『内に入るためわざと出遅れた』という逸話が広まる。

■イナリワン(天皇賞(春)、宝塚記念)
騎乗したのは2回のみだがそのうち2回ともがGIで、2回とも勝っている。1989年から1992年までの天皇賞(春)4連覇、1990年春までの天皇賞3連勝の最初のパートナーでもある。

■バンブーメモリー(スプリンターズステークス、マイルチャンピオンシップ2着2回)
1989年マイルチャンピオンシップでのオグリキャップとのハナ差の敗戦が有名。
父・邦彦の管理馬で、スプリンターズステークス優勝は正に親孝行だった。

■オグリキャップ(安田記念、有馬記念)
騎乗したのは2回のみだがそのうち2回ともがGIで、2回とも勝っている。マスコミからはこのときアイドルジョッキーだった武とアイドルホースのオグリキャップとのコンビは前述のように『ゴールデンコンビ』とまで言われた。引退レースとなった有馬記念での勝利は、奇跡の復活とまで言われ17万人の大歓声に応えた。しかし武本人はオグリキャップについて「コンビを組んだことよりも、(たとえば1989年マイルチャンピオンシップなど)してやられたイメージのほうが強い」と語っている。

■メジロマックイーン(天皇賞(春)2回、宝塚記念)
天皇賞(春)を勝ってメジロアサマ、メジロティターンに続く親子3代天皇賞制覇の偉業達成。天皇賞(秋)で1位入線したが、他馬への妨害で降着。その後天皇賞(春)を史上初の連覇と宝塚記念を勝つ。

■ベガ(桜花賞・優駿牝馬)
春の二冠を制覇。皐月賞のナリタタイシンと合わせ春クラシック3連勝達成。

■オグリローマン(桜花賞)
オグリキャップの半妹で、婚約発表の10日後に桜花賞を制覇。2着馬がツィンクルブライド、3着馬がローブモンタント(婚礼で着飾る立襟の豪華ドレス)と結婚がキーワードの馬であった。
スキーパラダイス(ムーラン・ド・ロンシャン賞、京王杯スプリングカップ)
日本人初欧州GI制覇の快挙。

■ホワイトマズル(“キングジョージ”2着)
キングジョージでは、直線で騎手が落馬して「カラ馬」となったEzzoud(エズード)に邪魔をされるハプニングがあり2着。また凱旋門賞では1番人気に推されたものの、後方から追い上げ及ばず6着に終わった。レース後、チャップルハイアム調教師は双眼鏡を叩き割り、「タケのようなジョッキーは、ニホンで乗ってればいいんだ」と悪態をついた。また、ヨーロッパのマスコミはここぞとばかりに武の騎乗振りを罵倒した。

■ダンスパートナー(優駿牝馬)
1995年優駿牝馬に優勝。夏はフランス遠征を敢行し、結果はG3で2着、G1で6着。敗れたものの牝馬ながら菊花賞にも挑戦した。

■エアグルーヴ(優駿牝馬、天皇賞(秋))
1996年優駿牝馬で親子2代での優駿牝馬制覇達成。1997年天皇賞(秋)も優勝し、グレード制導入後初の牝馬による牡馬混合中長距離GI勝利を達成。続くジャパンカップで2着。

■ダンスインザダーク(菊花賞)
皐月賞回避、東京優駿(日本ダービー)はフサイチコンコルドに強襲され、惜しくも初の東京優駿(日本ダービー)制覇を逃す。しかし菊花賞では上がり3ハロン33秒8で差しきり優勝。ゴール後珍しく渾身のガッツポーズを見せた。

■マーベラスサンデー(宝塚記念)
重賞4連勝など活躍しながらGIになかなか手が届かなかったが、1997年宝塚記念で戴冠。

■シーキングザパール(NHKマイルカップ、モーリス・ド・ゲスト賞)
NHKマイルカップまで重賞4連勝。日本調教馬として初の海外G1制覇。

■サイレンススズカ(中山記念、金鯱賞、毎日王冠、小倉大賞典)
旧5歳時に毎日王冠まで6連勝。ただし、当馬唯一のGI勝利である宝塚記念では武豊はエアグルーヴに騎乗し、鞍上は南井克巳。圧倒的一番人気を背に望んだ1998年天皇賞(秋)にて故障を発症、予後不良となる。これには武も相当落ち込んだようで、後輩の福永祐一も、「あんな落ち込んだ豊さんを今まで見たことがなかった」と証言しているほどだった。その日の夜はワインを煽るように飲み泥酔する武が目撃されている。わざわざオープン特別にもかかわらず東上して乗ったことから、相当思い入れが強かったようであり、宝塚記念の直前にも何度も調教師にこの馬の調子を伺っていたようである。

■スペシャルウィーク(東京優駿(日本ダービー)、天皇賞(春・秋)、ジャパンカップ)
この馬で東京優駿(日本ダービー)初優勝。この時、あまりの興奮に鞭を落としてしまった。また、武豊のジャパンカップ初制覇をもたらした馬でもある。1999年有馬記念では武豊は「アタマ差は勝った」と感じ、負けたのにウイニングランという珍事が発生。

■アドマイヤベガ(東京優駿(日本ダービー))
前年のスペシャルウィークに続いてJRA史上初となる東京優駿(日本ダービー)連覇。親仔2代のGI制覇。

■アグネスワールド(アベイ・ド・ロンシャン賞、ジュライカップ)
フランスのG1、アベイ・ド・ロンシャン賞およびジュライカップを制覇。日本ではGIを勝てず。

■エアシャカール(皐月賞、菊花賞)
菊花賞では内に斜行する癖を掌握して内から伸び、見事に二冠を達成した。

■トゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯)
2001年、世界最高峰のレースであるドバイワールドカップで、世界の強豪を相手に逃げ粘りキャプテンスティーヴの2着。同年のエリザベス女王杯では後方待機策で接戦の末に優勝(武は「勝つにはあれしかなかった」と勝利ジョッキーインタビューで語っている)。

■クロフネ(NHKマイルカップ、ジャパンカップダート)
フランスから急遽帰国し跨った2001年NHKマイルカップでGI制覇。その後外国産馬で初のダービー参戦を果たすが惜敗。天皇賞(秋)を除外され出走した武蔵野ステークスでは1分33秒3の日本レコードで勝利。ジャパンカップダートでも2分5秒9の日本レコード勝ちをした。

■タニノギムレット(東京優駿(日本ダービー))
NHKマイルカップは3着。2002年東京優駿(日本ダービー)で後の年度代表馬シンボリクリスエス以下を差し切り、JRA初の東京優駿(日本ダービー)3勝目。

■ゴールドアリュール(フェブラリーステークス、ジャパンダートダービー、ダービーグランプリ、東京大賞典)
ダートで開眼。地方を中心に快進撃を続けた。サンデーサイレンス産駒初のJRAダートGI制覇。JRA最優秀ダートホース。

■ファインモーション(秋華賞、エリザベス女王杯)
3歳馬として初めてエリザベス女王杯を無敗で制覇。

■ダンスインザムード(桜花賞)
2004年桜花賞優勝で、調教師の藤沢和雄に初のクラシックタイトルをプレゼントした。アメリカンオークス招待ステークスでは2着に敗れた。

■アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯2回)
牝馬三冠競走では相次いで出遅れて3、7、2着も、2003年、2004年のエリザベス女王杯連覇。

■タイムパラドックス(ジャパンカップダート、川崎記念、帝王賞、JBCクラシック)
2004年JBCクラシックで初騎乗(3着)以降、取りこぼしは多いが、ここ一番のGIでは力の違いを見せ付けた。G1

■ディープインパクト(クラシック三冠、天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)
デビュー以来無傷の7連勝で、シンボリルドルフ以来の2頭目の無敗のクラシック三冠を達成。有馬記念では2着に敗れ、無敗での4冠達成はならず。2006年天皇賞(春)、宝塚記念にも優勝し、凱旋門賞へ出走するも3位入線後、失格。帰国後、ジャパンカップ、有馬記念に勝利した。日本ダービーに勝利した際に「過去の馬とは比べたくありません。すでにこの馬が名馬なのですから」と語る。

■カネヒキリ(ジャパンダートダービー、ダービーグランプリ、ジャパンカップダート、フェブラリーステークス)
統一GI連勝の後、ジャパンカップダート、フェブラリーステークスも優勝。ドバイワールドカップに出走し5着(後に2着馬Brass Hat ブラスハットが薬物検査で陽性反応が出たため失格となり、4着と繰り上げ訂正)。

■アドマイヤムーン
3歳時から騎乗。共同通信杯・弥生賞と連勝するも、春クラシック2戦は敗戦。距離適性を考え菊花賞ではなく天皇賞(秋)に出走するがこちらも3着に敗れる。しかし翌年ドバイデューティーフリーを制し、初GI制覇が海外GIとなった。 しかし宝塚記念は近藤利一の意向で降板の憂き目にあう。

■ハルウララ(競走成績113戦0勝)
高知競馬の交流重賞・黒船賞の次のレースに騎乗。結果は大敗するものの、取材陣の多さに「ダービー勝ったときより、今日は取材陣が多いですね」とおどけた(この時も負けでウィニングランを行っている)。


【エピソード】
《競馬に関して》
■騎手になったのは父の影響ではなく、小学生の頃にシンボリルドルフを見て「こういう凄い馬に乗りたい」と思ったからとデビュー後に語っている。

■デビュー当時「武邦彦の息子」と言われたことに発奮し、「武邦彦の息子ではなく、父のことを『武豊の父』と言わせてみせます」と発言した。弟の幸四郎がデビューする際は「今は幸四郎が豊の弟と呼ばれているけど、将来、幸四郎の兄と呼ばれないように頑張りたい」と発言している。

■最も多く勝った重賞は阪神大賞典の8勝(2007年3月18日現在)で、カブトヤマ記念8勝の保田隆芳に並ぶ。

■武が安田記念にオグリキャップへの騎乗が決定した際は「ゴールデンコンビ実現」と各メディアが報道した。

■1989年から1990年に3強といわれたオグリキャップ、スーパークリーク、イナリワンの3頭全てに騎乗しGIを7勝している。

■マイルチャンピオンシップととても相性が悪く、バンブーメモリー、ファインモーション、ダンスインザムードでの2着があるものの、地元関西のGIで唯一未勝利である。特にバンブーメモリーで臨んだ1989年は惜しいレースだった。この年安田記念も勝ったバンブーメモリーは本命と目されていたが、秋の天皇賞で敗れたオグリキャップ陣営が急遽参戦を決め、鼻差で勝利をさらっていった。このレースはマイルチャンピオンシップ屈指の名勝負と呼ばれているが、武にとっては悔しい鼻差だったに違いない。なお、オグリキャップを秋の天皇賞で負かしたのは武騎乗のスーパークリーク。皮肉にも自分の好騎乗が巡り巡って最大のマイルチャンピオンシップ制覇のチャンスを逃がす結果につながってしまった。ちなみに京都の芝・外1600mを苦手としてるわけではない。また、マイルチャンピオンシップを制すと現在京都で行われている重賞全制覇を達成することとなる。

■有馬記念とも相性が悪く、デビュー4年目の1990年にこれが引退レースとなるオグリキャップで制し感動を呼んだが、同じくラストランとなった2006年のディープインパクトでの勝利まで16年間優勝できなかった。その前年も当時無敗のディープインパクトに騎乗し単勝1.3倍に支持されたが、ハーツクライに1/2馬身差の2着に敗れた。逆に2着が多く(1989年スーパークリーク、1991年メジロマックイーン、1996年・1997年マーベラスサンデー、1999年スペシャルウィーク、2003年リンカーン、2005年ディープインパクトの計7回)、珍記録にもなっている。

■競馬学校の2年先輩である石橋守を敬愛している。行動を共にすることがよくあり、騎乗するレース(特に重賞)で自分が負けても、石橋が勝てば納得の表情を浮かべることが多い。特にメイショウサムソンで石橋がGI初制覇を成し遂げたとき、自分の事のように喜んでいた。

■普段はインタビューにもギャグを交えて気さくに答え、人柄の良さを感じさせるが、レースでのショックが大きいときは人が変わったように無愛想になるときもある。凱旋門賞でディープインパクトに騎乗し負けたときは、勝てると思っていたぶんショックが大きかったのか、敗戦後に駆け寄ってくるインタビュアーを振り切るように引き上げていった。また、天皇賞(秋)でサイレンススズカに騎乗し、同レースで同馬が予後不良になったあとに故障の原因を聞かれたときも同様であった。

■安藤勝己騎手のことを「あのおっちゃん」と言った事がある。

■2002年に亡くなったサンデーサイレンスのたてがみをお守りとして財布の中に入れている。

■2006年1月16日にノーザンホースパークで2005年で引退したアドマイヤグルーヴ、アドマイヤドン、アドマイヤマックスとの合同引退式が行われ、3頭すべてに騎乗経験のあった武豊は、グルーヴはデビューから騎乗しており、引退レースに勝利し騎手として最高の仕事ができ、マックスは能力がありながら結果を出せなかったけど、高松宮記念でベストパフォーマンスを見せられ、ドンは2004年の南部杯を大本命で負けて(2着)近藤オーナーに怒られたのを覚えているとそれぞれの馬の思い出を語った。

■2007年7月21日に小倉競馬場で行われた最終レースの有明特別をヒシワンスモア(母・ヒシナタリー)で制し、新記録となるJRA通算2944勝目を挙げた。その表彰式では父の邦彦調教師から花束を贈呈され、騎手仲間から胴上げされた。その時に「長い間、お疲れ様でした」と後輩騎手に引退するかのように言われたと自身の日記で語っていた。


《マスメディアへの出演》
■笑っていいとも!の名物コーナーであるテレフォンショッキング出演歴あり。1回目は1989年12月21日で早見優から紹介されて佐野量子を紹介し、2回目は2002年1月9日で小泉孝太郎から紹介されて陣内孝則を紹介した。

■趣味はゴルフで、ゴルフ誌に登場したこともある。以前趣味だったスキーは、友人の岡潤一郎がレース中の落馬事故で亡くなってからは行かなくなった。

■1991年、TBSの2時間ドラマ「拝啓オグリキャップ様」で本人役でドラマ初出演(友情出演)。賀来千香子などと共演した。

■スポーツニッポン(スポニチ)を愛読しており、同紙・競馬ページにコラム「武豊のサタデー・サンデー物語」を執筆している。そのためかスポニチは彼の騎乗馬の印に甘いと言われる。ディープインパクトに「英雄」と名づけたのもスポニチが最初である。

■「武豊TV!」(フジテレビ739)の司会を務めている(ナビゲーターは見栄晴)。

■2005年度上半期NHK朝の連続テレビ小説・「ファイト」に本人の役にて特別出演(9月放映)。


《その他》
■佐野量子と1995年に結婚した。

■佐野量子との結婚式は1995年6月5日に京都の教会で伊集院静・篠ひろ子夫妻を立会人に行われた。披露宴は1995年11月20日に京都府の都ホテルで行われたが「1000勝祝賀会」も兼ねたものだった。この結婚式のために、SING LIKE TALKINGは「Split Of Love」を作曲した。

■阪神タイガースファンで、阪神の選手と親交も深い。甲子園で阪神−巨人戦の始球式を務めたこともある。始球式では通常山なりのボールを投げるが、見事なストレートを投げスタンドから歓声が上がった。また、2000年皐月賞前の水曜日に阪神-巨人戦のゲスト解説を務めた際に阪神のジャンバー姿で放送席に座り、皐月賞についてコメントを求められた際に騎乗馬のエアシャカールについて、自信を持っているコメントを残し、見事好騎乗で勝利。2006年に金子真人ホールディングス(ディープインパクトの馬主)の勝負服姿で、甲子園球場で始球式を行った。万年Bクラス時代は『監督になった気分で、オーダーを自分で組んで勝手にシミュレーションしていた』という。

■芸能人と交流があり、とんねるずや明石家さんま、SMAPの中居正広や木村拓哉や島田紳助等と親交が深い。

■1999年、「おごってジャンケン隊」(週刊ビッグコミックスピリッツ)にゲスト出演。最後にジャンケンに負けてしまい、食事代(40,162円)を支払った。

■2003年、平井堅「LIFE is ...〜another story〜」のPVに出演。数秒、骨折していた骨盤部分も映っている。

■2005年、「ベスト・スマイル・オブ・ザ・イヤー賞」受賞。

■2005年、雑誌「Number」が選ぶ2005年度MVP受賞。

■読みは違うが字が同じという縁で、愛知県知多郡武豊町(たけとよちょう)には数回招かれ、一日町長を務めたこともある。また、同町にあるJR東海・武豊線の武豊駅の改札口上には、一時期サイン色紙が飾られていた。

■現在の愛車は三菱アウトランダー。CM撮影時に気に入りその場で購入交渉、競馬場で納車。カラーはブラックマイカ。

■2006年2月23日〜27日にタカシマヤ新宿店にてデビュー20周年記念展が開催され、優勝カップや馬具、プライベート写真などの展示、VTR上映等が行われた。また同年4月19日〜24日に高島屋京都店(四条河原町)で、8月30日〜9月4日に伊勢丹小倉店(北九州市)で、2007年2月7日〜15日に高島屋大阪店(なんば)で同様の展覧会が開催。

■2006年10月、社会問題となった筑前町立三輪中学校に通ういじめを苦にして自殺したディープインパクトのファンの中学2年の生徒の両親に対し、「天国で応援して」と色紙を送った。

■大阪税務署主催の「利きビールコンテスト」でも出場者の中で唯一人、全銘柄を的中させたことがある。

■手首の太さで体重の増減が100g単位で分かる。

■好みのブランドはヒューゴ・ボス、ジャンニ・ヴェルサーチ。また腕時計はタグホイヤーがお気に入り。

■ジーパンのサイズは26インチ。

■競馬学校時代には食事制限を苦にし、馬の餌のニンジンを食べていたことがある。この時から「ニンジンは馬の餌で人間の食べるものではない」との認識が生まれ、嫌いな食べ物となった。

■デビューした1987年にトウカイローマンでジャパンカップに出走した際には「デビューの年にジャパンカップに騎乗できるなんて、そうそうない」と語った(実際に菊花賞とジャパンカップの新人騎乗は武が史上初であった)。

■英語圏では「タケ」の音は難しく、「タキィ」、「タキ」と発音されてしまう。もっともこれでも改善されており、海外参戦して日が浅かった頃は「たけ」のローマ字表記「TAKE」から「テイク」と呼ばれていた。

■日本では競馬関係者に武姓が多いことから「ユタカ」と呼ばれることが多い。フランス遠征が多いためフランスの競馬関係者にも知名度があるが、ドーヴィル競馬場の関係者からは「アラン」と呼ばれている。

■競馬をテーマとした漫画『じゃじゃ馬グルーミンUP!』の登場人物弓削 匠(ゆげ たくみ)のモデルは武である(文庫本1巻のあとがきも書いている)。

(出典:Wikipedia)
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53302125

この記事へのトラックバック


Excerpt: ビッグコミックスピリッツ「ビッグコミックスピリッツ」は、小学館発行の週刊の漫画雑誌である。青年漫画を専攻。1980年創刊。当初は月2回発行であった。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発..
Weblog: 雑誌辞典
Tracked: 2007-09-05 11:01

58周年 祝賀会/58周年 祝賀会
Excerpt: 58周年 祝賀会について悩みを解決するには、まずは58周年 祝賀会についての正しい知識が必要です。そこで、58周年 祝賀会についての情報を集めました! 58周年 祝賀会について調べて、58周年 祝..
Weblog: なるほどキーワード
Tracked: 2007-09-23 13:37


Excerpt: ビッグコミックスピリッツ「ビッグコミックスピリッツ」は、小学館発行の週刊の漫画雑誌である。青年漫画を専攻。1980年創刊。当初は月2回発行であった。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発..
Weblog: 雑誌辞典
Tracked: 2008-02-05 16:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。