Google
 

タフィ・ローズ(プロ野球・オリックス)

タフィ・ローズ(Tuffy Rhodes、1968年8月21日 - )は、オリックス・バファローズ所属のプロ野球選手である。アメリカオハイオ州シンシナティ市生まれ。本名は、カール・デリック・ローズ(Karl Derrick Rhodes)。左投げ左打ちの外野手。背番号は8。


【人物】
日本プロ野球界で「史上最強助っ人」との呼び声が高い選手。パワフルな打撃とインタビューなどでの関西弁のトークで人気がある。1996年から2003年まで近鉄バファローズ(1999年から大阪近鉄バファローズ)に所属。2004年から2005年まで読売ジャイアンツに所属後自由契約。2006年、シンシナティ・レッズとマイナー契約後、成績不振から降格通告を受け、3月21日に現役引退を表明するが2007年、オリックス・バファローズ入団。


【略歴】
■1986年 ドラフト3位でヒューストン・アストロズに入団。
■1990年 メジャーリーグ昇格。
■1993年 シーズン途中でシカゴ・カブスに移籍。
■1994年 開幕戦のニューヨーク・メッツ戦で1番として出場し、メッツのエースであるドワイト・グッデンから第1打席より3打席連続本塁打を放ちメジャーリーグで名が知れ渡る(開幕戦3本塁打は現在もメジャー記録)。
■1995年 シーズン途中でボストン・レッドソックスに移籍。
■1996年 近鉄に入団。シーズン3本のサヨナラ本塁打を放ち、この年チーム三冠王となる活躍を見せる。
■1997年 8月にパ・リーグ新記録(当時)となる4試合連続猛打賞を記録するなど活躍し、初のベストナインを獲得した。
■1999年 シーズン途中からチームが最下位に低迷する中で成績を伸ばし、40本塁打・101打点を記録して、初の本塁打王・打点王のタイトルを獲得した。
■2001年 9月24日の大阪ドームでの西武ライオンズ戦で松坂大輔から本塁打を放ち、日本タイ記録となるシーズン55本塁打を達成してチームのパ・リーグ優勝に貢献。初のMVPにも選出された。日本シリーズでも第2戦で決勝3ランを放つなど活躍し、敢闘賞を受賞した。
■2002年 打点王を獲得した。
■2003年 51本塁打を放ち、3度目の本塁打王獲得(当時、外国人選手の受賞回数最多タイ)。また、3年連続ベストナインにも選出された。同年オフに近鉄との契約交渉が難航し(詳細は後述)、巨人に移籍した。
■2004年 巨人に移籍。落合博満につぐ史上2人目の両リーグでの本塁打王獲得。同年途中にフリーエージェントの権利を取得し、翌シーズンから日本人扱い(郭泰源に続き2人目)。近鉄時代とは異なり、中堅手としての守備起用が主となる(近鉄時代は、守備はDHを除けば左翼手か右翼手が多かった)。
■2005年
・5月29日の試合で球審に暴言を吐いたとして通算9回目(近鉄で6回、巨人で3回)の退場処分(金田正一を抜いて最多記録)。
・8月9日に右肩の故障のためであるとして出場選手登録を抹消され二軍落ち。その後、帰国し手術を行ったためシーズン中の復帰は絶望となった。
・11月7日、巨人から戦力外通告を受ける。
■2006年
・2005年の年末頃からオリックス・バファローズとの契約へ向け本格交渉している動きがある、と報じられた。
・2月16日、シンシナティ・レッズとマイナー契約する事で合意、契約に至る。しかしオープン戦では12試合で27打数6安打と奮わず、レッズからマイナーリーグ降格を通達された。
・3月21日に現役引退表明。
■2007年
・2006年のオフにオリックス・バファローズの球団関係者に電話で「日本で野球をやりたい。手術した右肩の状態も大丈夫。」と日本球界への復帰を伝えた。2007年に入り、キャンプでテストを実施する事が決定、オリックス・バファローズの入団テストが実施された。
・2月26日にテスト合格した。
・3月1日正式に入団が決定。背番号は8。理由は「近鉄で8年間プレーし、親友の中村紀洋がつけていた番号だから」(ちなみに入団テスト期間中は、もし合格したなら背番号は近鉄に入団した年にちなんで96がいいといっていた)。
・3月24日のパ・リーグ開幕戦(対ソフトバンク1回戦)でいきなり斉藤和巳から第1号となる特大本塁打を右翼席へ放ち、自身の復帰戦を飾った。
・4月4日の対ロッテ2回戦で小野晋吾から第4号本塁打を放ち、日本球界では歴代28人目、外国人選手では初となる通算1000打点の記録を達成した。(1325試合目での達成は落合博満、藤村富美男に次ぐ史上3位のスピード記録)
・4月25日の対楽天4回戦で、山崎武司に与えた死球をめぐり乱闘となり、山崎に対し暴力行為を働いたため、通算10回目の退場処分を受け、退場最多記録を更新した。選手として在籍した3球団で退場処分を受けたのは、日本プロ野球史上初である。
・5月10日の対ロッテ8回戦で、1354試合目の出場となり、ロベルト・バルボンが持っていた外国人選手の最多出場記録を更新。
・5月27日の対巨人2回戦で、「全球団から本塁打」を達成。
・6月13日の対巨人戦で、在籍11年連続20本塁打を達成。
・6月30日の対日本ハム戦で、通算1500本安打を達成。外国人選手ではレロン・リー(通算1579本安打)に次ぎ史上2人目である。
・9月2日の対ロッテ戦で通産400本塁打を達成。日本プロ野球において、外国人選手の通産400号は初となる。(全体では単独14位。1435試合で400号達成は、王貞治の1422試合についで史上2番目のスピード記録である)


【概要】
■身長・体重:182cm・104kg
■投打:左投左打
■出身地:アメリカ・オハイオ州
■球歴・入団経緯:ウェスタンヒル高 - アストロズ・アストロズ傘下(1987年 - 1993年途中)- カブス(1993年途中 - 1995年途中)- レッドソックス(1995年) - 近鉄・大阪近鉄(1996年 - 2003年) - 巨人(2004年 - 2005年)- 野球浪人 - オリックス(2007年 - )
■FA取得・行使:2004年(1回目・現在も有資格者)
■英語表記:RHODES
■背番号:8
■守備位置:外野(1996年〜2000年は主に右翼手、2001年〜2003年は主に左翼手。2004年〜2005年は主に中堅手。)
■推定年俸:4700万円+出来高(2007年)


【獲得タイトル】
■本塁打王 4回(1999年、2001年、2003年、2004年)
■打点王 2回(1999年、2002年)
■MVP 1回(2001年)
■ベストナイン 6回(1997年、1999年、2001年〜2004年)
■日本シリーズ敢闘賞(2001年)


【エピソード】
■「タフィ」はタフ(tough)からきている。この由来に関しては、幼少時代、顔面に死球を受け鼻血を出したにも関わらず翌日の試合では元気に試合に出場している姿を母親に「タフだ」と言われたから、同様に顔面に死球を受けたにも関わらず試合に出続けた姿を見た監督が「タフな奴だ」と言ったからの2説が一般に流れているが、前者の母親が絡んでくる話は巨人入団後のプロフィールに記載されたものであり、それ以前の近鉄在籍時には監督絡みの話であったことから母親絡みの方が誤りである可能性が高い。

■MLB在籍時代、俊足の持ち主でもあるローズにはトップバッターとしての活躍が首脳陣から期待されていたが、ローズはホームランバッターとして試合に出たかった為に首脳陣と折り合わず、その夢を実現するために日本に来ることを決意した(ローズが俊足である裏づけとして、来日直後の3年間で48盗塁を記録し、最初ステレオタイプに該しない俊足、好守備の助っ人として注目されていたことが挙げられる)。


《近鉄時代》
■ローズはバットを上段に構えてひょこひょこ振ってタイミングを取る独特のバッティングフォームをしているが(一部の書籍では「水平打法」と記載)、実は1998年までは「バットを立てて構える」、1999年以降は「バットを寝かせて構える」といった微妙なマイナーチェンジがなされている(2冠王となった1999年にフォームを変えたことで成績が良くなったと本人が話している)。また、上段から振り上げるそのバッティングスタイルのせいか、内角低めの膝元に来る球に非常に強かった。

■凡退や審判への不満でよくヘルメットを壊していた。特に来日当初はヘルメットを壊して当たり散らすことが多く、困った用具係が苦肉の策としてシーズン中に壊したヘルメットの数をシールにし、ヘルメットに貼り付けていた。だが、ローズは当初このナンバリングの意味が分からず「どうして背番号じゃない番号が貼ってあるんだろう」と首を傾げていたという。

■ヒーローインタビューでは、当時監督だった佐々木恭介の台詞「ヨッシャー!!」を絶叫していた。また、シーズン中には様々な形で日本文化に触れ、またオフの帰国中にも日本語を学ぶなど、日本に強い興味を抱いている。あるインタビューでローズは「今度生まれ変わったら日本人に、それも関西人に生まれてきたい」と語っている。

■来日当初は大阪市中心部から藤井寺球場まで近鉄南大阪線を使って電車通勤していた。大型バイクに乗るのが好きで、その後バイクまたは自動車での通勤が認められ、日本のバイクメーカー川崎重工業のZZR400やVULCAN1500 クラシックツアラーなどを愛用していた。

■大阪ドーム外野席には55号本塁打が着弾した(とされる)座席を「ローズシート」とし、一番近い入り口に記念プレートを設置し、ホームランボールが当たった座席は特別にローズ色(バラ色)に塗られている。

■2001年、シーズン最多本塁打記録の更新に挑んだが、9月30日の福岡ダイエーホークス戦で敬遠四球を受けたこともあり、達成できなかった。この際に当時ダイエーのバッテリーコーチであった若菜嘉晴が試合前、監督不在のミーティングで「どうせあいつはアメリカに帰るんだから、俺たちが監督の記録を守ってやらないといけない」と言って敬遠を指示した。このことは、日本以上にアメリカで反響を呼んでしまい、「王貞治の記録を守ろうとする日本プロ野球の閉鎖的な姿勢」「人種差別と戦ったハンク・アーロンの記録を抜いた王自身が、人種差別をして自らの記録を貶めた」などと地元誌やニュース放送等で非難されることになってしまった。王貞治はこの試合前の練習の際に直接ローズに対して本塁打新記録達成を望む声をかけていた。それにも拘らず試合では敬遠を止めなかったため、若菜だけではなく現場の最高責任者である王にも責任があると王を非難する声もあった。更に、ローズは1打席でも多く立てるようにと1番バッターとして出場していたが、1打席目からボール球ばかりで、業を煮やしたローズはボール球に手を出し凡退、2打席目も同様で、3打席は四球、4打席目は敬遠であり、この日ローズには2球しかストライクゾーンにボールが飛んでこなかった。ローズの1番起用にはバッテリーの敬遠を避ける意図もあった(1回の先頭打者から敬遠することは通常ありえないため)が反面、トップバッターとして立ったことに個人記録だけを狙っているとして批判する声もあった。ローズは試合前に王監督から上述のように声をかけられたにも拘らず試合では敬遠を受けたため、試合後に「日本プロ野球に失望した」という悲しみのコメントを残した。試合は4-12で敗戦。なお、事態はこれだけに留まらず、翌10月1日、当時のプロ野球コミッショナー川島廣守がフェアプレーを訴える異例のコミッショナー宣言を出し、個人記録への妨害を意図する行為の排除を強く求めた。また10月2日、パ・リーグの小池唯夫会長はダイエーに対し、ローズとの勝負を記録阻止のために意図的に避けたともとれる言動をしたとして厳重注意を行った。

■同年、ローズが王貞治のシーズンホームラン記録55本の記録を塗り替えようとしているとき、テレビタレントで司会者の徳光和夫が生放送中に「肌の色が違って、血液型もよくわからないような奴に王さんの記録を抜いて欲しくない」と発言する。

■大阪近鉄は同年、12年ぶりのリーグ優勝を果たしたものの、日本シリーズではヤクルトスワローズの前に敗れた。しかし同年シーズン、ローズと中村の合計本塁打数101本、打点263点は当時の日本記録。この記録はお互いのアドバイスが大きいと当時の2人は語った。また、3番ローズ、4番中村紀洋、5番礒部公一でのクリーンアップでの合計打点354点も日本記録(後にコンビ合計・クリーンアップ合計の打点は2005年阪神の金本知憲、今岡誠、アンディ・シーツが更新)。

■同年オフ、川崎重工業はローズに対し、55号本塁打達成記念として排気量1500ccの大型バイク・VULCAN1500 ミーンストリークをベースにしたオリジナル仕様の「ローズバイク」を贈呈した。ローズが以前からカワサキのユーザーである事を公言していたのが縁となった。このバイクは苗字のローズ(バラ=ROSE。タフィはRHODESでつづりが違う)にひっかけて色は赤を基調とし、後部には「狼主」の文字が刻まれていた。(同年ファン感謝デーで本人に1台、ファンに抽選で1台プレゼントされた。)

■2001年、少年サンデー超2001年11月号に「タフィ・ローズ物語」が掲載された。

■2001年〜2003年、ローズは西武ライオンズのアレックス・カブレラと3年続けて本塁打王争いを繰り広げることとなる。ローズは2001年、
2003年と2度に渡りカブレラを上回り、本塁打王を獲得した。これによりカブレラは、「50本塁打を記録しながら本塁打王になれなかった」プロ野球史上初の選手となった(2001年ローズ55本、カブレラ49本。2002年ローズ46本、カブレラ55本。2003年ローズ51本、カブレラ50本)。

■2003年序盤戦、近鉄の主砲であるローズと中村は厳しい内角攻めを受けていた。5月21日に大阪ドームで行われた西武ライオンズ9回戦の5回裏、中村が西武二番手の青木勇人から左肘に死球を受けた。この際、青木が帽子を取って謝罪しなかったため、これに一走・ローズが激高。一塁からマウンドに駆け寄ると青木を激しいタックルで突き飛ばし、その場に押し倒してしまった。青木は突き飛ばされた瞬間に頸部と右足首を捻挫し途中降板、大阪市内の病院に直行した。この時、青木は投捕間にだけ目をやっていたため、左後方からローズが突っ込んでくることには全く気付かず、当然身構えてもいなかった。このように青木を“不意討ち”したローズは暴力行為で退場となったが「ノリを守るためにやった。どうして青木は帽子を取らなかったんだ? 日本の野球では球をぶつけたら、投手が帽子を取って打者に謝るのが普通じゃないか」と主張した。しかし翌日パ・リーグは2試合の出場停止処分、近鉄球団も厳重注意と30万円の罰金を課した。また、このローズの行動に対し西武は猛反発。一時は刑事告訴を検討する事態にまで発展した。ローズはこのような血気盛んな性格もあってか、日本プロ野球在籍中に課された退場処分は通算11回を記録しており、これは日本プロ野球史上最多である。またオープン戦での退場や1試合に2回退場を宣告されたという珍しい記録もある。

■2003年シーズン終了後、中村の5年契約を引き合いに出して2年ないし3年の複数年契約を望んでいたが、近鉄フロントは「複数年契約を認めない」と主張した。ローズは当時「外国人差別的なフロントの言い分に失望した」「どんなに活躍しても『ガイジン』としてしか扱ってくれない」と発言し、フロント及び日本プロ野球界を非難した。外国人選手に対しての複数年契約は認めないという話は2002年にも言われたという。

■一方近鉄フロントは「外国人選手に対しては1年契約とするのが原則」とし、近鉄本社の山口昌紀社長は、「あのブライアントでも1年契約の積み重ねだった」「ローズには年俸10億円を払っていた(2004年。真相は不明)」と主張。交渉は決裂、巨人と契約することとなった。

■梨田昌孝監督には「養子にしたいくらい」と可愛がられていた。

■近鉄時代のヘッドコーチ伊勢孝夫を「日本のお父さん」と慕っており、彼がヘッドコーチからフロントへ転進した後も打撃がスランプに陥った際は指示を仰いでいた。

■来日してから1999年頃までは主に中村紀、フィル・クラークらとクリーンアップを組み、年によって打順は3番〜5番の間でバラバラであった。しかし2000年頃から2003年まで3番ローズ、4番中村紀で打順がほぼ固定された。2001年頃には、日本記録ペースで本塁打を量産するローズを4番に据えた方が良いのではないかという声も上がったが、ローズ自身が「俺は気楽に打てる3番のほうが良い、4番はノリに任せた」という趣旨の発言で否定した。

■2003年近鉄退団が決定したシーズン終了後、愛車を知人を介してヤフーオークションに出品した。


《巨人時代》
■2004年に巨人移籍。事故による負傷を防ぐため、通勤手段は車のみに切り替えたが、国際運転免許証の更新が切れていたことが発覚し、日本での運転は自粛。その後は主にハイヤーで通勤していた。

■ヒーローインタビューは、近鉄時代は日本語での受け答え(「ヨッシャー」等)を行っていたが、巨人では誤解を招く可能性がある事から原則通訳を介したインタビューとなっていた。インタビュアーの質問を通訳を介さずに直接聞き取り自らの英語の答えを通訳に日本語に訳してもらうという一風変わった場面も見られた。また「ヨッシャー」も関東の球団に移籍したのに合わせて「ヤッタゼー」に変更するプランもあったようだが実現せず、チームメイトの阿部慎之助がインタビューなどで発する「最高でーす!」を多用するようになった(オリックス入団後もしばしば発している)。

■同年、ローズは巨人移籍1年目にしてシーズン45本塁打を記録し、日本プロ史上2人目となるセ・パ両リーグ本塁打王に輝いている。

■2005年正月の報知新聞インタビュー上で「登録を狼主(ろうず)にしたい」「巨人引退後は和室を作り、バットを飾りたい」と答えており、野球人生を巨人で終える考えを持っていた。

■2005年4月26日、福岡ドームで行われたヤクルトスワローズ4回戦の9回表、ヤクルト・アレックス・ラミレスが放った左中間への打球を追わなかったのを、当時守備・走塁コーチ兼打撃コーチ補佐の弘田澄男に「緩慢プレーだ」と指摘されると、ローズはこれに激高し、弘田に掴み掛かるなど激しい口論となった。結局試合は敗戦で5連敗。試合後もローズは怒りが収まらず、ドームから宿舎に向かう通路で報道陣からこの騒動について問われると、必死になだめる通訳を制して「どんどん(記事に)書いて」と前置きした上で「負けたのは俺のせいだと弘田さんが言った。日本で10年間やってきたけど尊敬がない。投手があれだけ打たれるのも俺のせい? ピッチャーも悪い。みんな悪い。ジャイアンツ下手くそ。ジャイアンツ大嫌い。東京に帰る」と日本語でまくし立てた。この言動は物議を醸し、後日オーナー側から罰金を徴収された。結果としてこの発言が、シーズン後の戦力外通告の遠因になったと言われている。


《オリックス時代》
■バファローズ復帰を決めた際の記者会見の第一声は日本語での「タダイマ」であった。

■近鉄時代から大好きだったバイクを封印。現在は怪我をしないよう大型のRV車で球場まで通勤している。

■自宅が同僚のランス・カーターと近いらしく、車で通勤する際は彼を同乗させて球場まで送っている。

■オリックスに所属しているすべての外国人選手と積極的にコミュニケーションを取っており、しばしばベンチで談笑している。また、同僚の話を親身になって長時間聞いている姿も見受けられる。

■同僚外国人とのコミュニケーションに留まらず、試合中守備についている外野手のチャド・アレンに対してローズがベンチからの守備位置の細かい調整を伝達することもある。

■近鉄時代の友人から親指大のビリケン人形をもらい、それ以降成績が上昇している(本人談)。その人形をベンチ前のフェンスに設置した小さな椅子の上に置いており、お守りとしている。このインタビューをした梨田昌孝が、「今年は50本(のホームランを)打つ。達成したらチュー(キス)する。」と言い、それに対してローズは、「結構です!」と日本語で笑いながら答えていた。(2007年6月21日NHK大阪放送局「かんさいニュース1番」スポーツコーナーの特集より)

■ドージマ地下センター「ドーチカエンジェルサマーフェア07」のフェア応援団長を務める。

■オリックス球団の「サラリーマン応援デー」の企画発表会見に登場し、メガネをかけたスーツ姿、それに自慢だったドレッドヘアーを丸刈りにして報道陣をビックリさせた。(球団が作成したサラリーマン姿のローズのフィギア人形も丸刈りだった)

■ローズの応援歌は、曲自体は近鉄時代と同じであるが、歌詞は『ローズにとって再出発』という意味で変更された。


【その他】
■大振りしてしまった際に、自分を戒めるためにバットでヘルメット(自分の頭)を叩くクセがある。

■長い日本での生活にも慣れ、「狼主」と漢字名の名前をサインに使ったりしている。日本語のレベルもかなり高く、漢字も読める。ローズ本人は関西暮らしが長いため、関西弁を話す場面がよく見受けられる。チームメイトとは日本語で会話を交わし、ヒーローインタビューでもインタビュアーの言葉をほぼ理解しているので英訳は必要無く、ローズが英語で話し通訳が和訳する、というスタイルで行われている。インタビューの内容によっては、通訳を介さず、日本語で直接答える。また、近寄ってきたファンにも日本語で会話をしている。巨人移籍時、発言によるトラブルの発生を避けるため、「記者と会話する際は、基本的に通訳を介して話すように」という契約が交わされている。判定に対する文句を英語で言った際、その審判が元オリックス・ブルーウェーブで英語の通訳をしていた人物であり、ローズの発言に対して退場を宣告した。これに対して、ローズは試合後「あの審判は英語が話せるのを忘れてた」と発言していた。

■焼き鳥が好物で近鉄時代は焼き鳥チェーン店によく通っていた。オリックスに復帰後、関西に帰ってきた事もあり再び同じ焼き鳥チェーン店に通っている。店では焼き鳥や料理に舌鼓を打ちつつ、日本語と簡単な英語を交えて店員や居合わせた客と談笑するなどリラックスしている。ローズはこの店を「野球の話題を忘れられる唯一の場所」と語っている。

■2000年頃まで新聞記者に「横浜のローズと何か関係があるのか?」と尋ねられることが何度もあったそうだが、その度にローズはユニフォームの背中部分を見せ、「よく見てくれよ。俺のはROSE(バラ=ロバートの表記)じゃなくてRHODES(ロドス島)だろう?」と呆れながら答えていたらしい。また、その綴りを間違ってユニフォームに書かれたために怒りを示したこともある(「プロ野球珍プレー好プレー」にて)。

■長期に渡る在日年数により、近鉄時代から同じチームに所属する新外国人選手の様々な面での相談役であり、かつてのチームメイトだったジェレミー・パウエルには日本野球の攻守に於ける特長や生活に関しても相談を受けていた。パウエルの好物である焼き鳥はローズに教えられたものだとパウエル自身が発言している。

■2000年から2004年まで同じ関西球団に所属していたジョージ・アリアスとは、アメリカ合衆国出身であったことから非常に仲が良く、阪神時代のアリアスと同じマンションに引っ越した際は、たびたび料理や甲子園球場に招待されていた。甲子園球場でジェット風船を飛ばす姿が新聞記事に掲載されていた。また、その際に新聞記者に取材されており、「僕は阪神ファン。特に井川が好き」とジョークが好きでサービス精神旺盛な彼の性格を表す応答をしていた。

■息子(カール・ジュニア)が来日するとバッティングの調子が上がっていた。そのため一部のファンからはずっと息子に滞在して欲しいという声が上がった。(バッティングについては夜遊びできなくなるため普段より良いコンディションで試合に望めただけという説もある)。しかし、逆に調子が悪くなると、夜遊びが出来なくてストレスが溜まっている、という噂が流れていた。

■NHK大阪放送局の取材に応える前川勝彦の後ろで、何故か大仏を模した覆面を被って邪魔をしていた。

■原因は全くの不明であるが、近鉄時代には打率が必ず年によって交互に上がる下がるを繰り返し、本塁打数や打点数にもその傾向が見られ、巨人に移籍してからも続いた。

■几帳面な性格で、打席に向かう前にネクストバッターズサークルの道具をきちんと並べる。この並べ方は毎打席同じ並べ方で、滑り止めのスプレーに貼付されているラベルの方向も同じ。

(出典:Wikipedia)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070902-00000101-jij-spo

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。